phone_in_talk 電話する

アブラコウモリの生態

アブラコウモリの生態はどのようなものでしょうか?

日本で最も多く発生、生息するこうもりがアブラコウモリです。
日本全国で発生しますが、特に平野の地に多く発生します。
また市街地、都心にも多く発生します。

夕方頃の時間に多く発生するため、コウモリ駆除ナンバーワンでも夕刻頃の時刻になると、
コウモリを見た、コウモリがいるなど多くの駆除に関するお問い合わせをいただきます。

住宅の瓦屋根のない中、狭い壁と壁の間、戸袋の中、天井裏、屋根裏、換気扇の中、建物の隙間など住宅の小さな隙間を住処とします。
また高速道路の高架、橋の下、商業施設、ビル、工場や倉庫などにも発生します。

夜行性の性質で日中は住処で静かに潜んでいますが、夕刻から夜間にかけて外を飛び回ります。
冬の時期になると冬眠をします。11月頃から4月頭まではその姿を潜ませます。
しかし、冬の時期でも地域、気候によっては、少し活動をするアブラコウモリも存在します。
しかし、自宅内に冬眠をしていたコウモリを見つけたなど、こういった被害例もあります。

このような生態のアブラコウモリ、自宅に発生してお困りの方は是非お問い合わせ下さい。

コウモリ駆除ナンバーワン
0120-094-781

カテゴリー: 最新情報
テレビ出演情報
コウモリ駆除No.1とは 本当に怖いコウモリ被害 代表取締役社長 梅木 厚生
コウモリ駆除ナンバーワンは、株式会社 防除研究所(防研・ボウケン)が運営するコウモリを退治、撃退、駆除し、フン被害の対策などをする業者です。住宅の屋根裏、換気扇、軒下からコウモリを追い出し、再発防止(侵入対策)まで施工致します。工場、倉庫など法人、企業からのご依頼も承ります。
コウモリは糞尿による家への被害だけでなく、寄生するノミ、ダニ、菌、ウイルスによる人への健康被害(感染症など)をおよぼします。コウモリは鳥獣保護法対象なので自分で駆除しようとせず専門駆除業者へご依頼ください。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
コウモリ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み