phone_in_talk 電話する

アブラコウモリ

コウモリの中でも日本ではアブラコウモリが多く存在します。
アブラコウモリは冬の時期を過ぎ3月頃から動き始め、11月頃から冬時期に入るまでの間、
に日没、夕方頃に住処から飛び出しています。

エサとなる虫や、昆虫を自分の体重の半分ほども食べると言われています。
他の害虫を食べるという意味においては益虫と言われているのがコウモリです。
春先の時期はまだ寒い時間も多いので、昼間の時間に飛び出したりします。

6月を過ぎた頃から、3頭ほどの子どもを生みます。他のコウモリはほとんど1頭しか生まないことに
比べると、アブラコウモリは多く子どもを生みます。

アブラコウモリはその寿命は長くとも5年ほどです。
そのため、多くの子どもを生むことがアブラコウモリが種を残すための手段なのでしょう。

コウモリ駆除ナンバーワン
0120-094-781

カテゴリー: スタッフブログ, 最新情報
テレビ出演情報
コウモリ駆除No.1とは 本当に怖いコウモリ被害 代表取締役社長 梅木 厚生
コウモリ駆除ナンバーワンは、株式会社 防除研究所(防研・ボウケン)が運営するコウモリを退治、撃退、駆除し、フン被害の対策などをする業者です。住宅の屋根裏、換気扇、軒下からコウモリを追い出し、再発防止(侵入対策)まで施工致します。工場、倉庫など法人、企業からのご依頼も承ります。
コウモリは糞尿による家への被害だけでなく、寄生するノミ、ダニ、菌、ウイルスによる人への健康被害(感染症など)をおよぼします。コウモリは鳥獣保護法対象なので自分で駆除しようとせず専門駆除業者へご依頼ください。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
コウモリ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み