phone_in_talk 電話する

本日放送、スーパーJチャンネル!

本日放送されました!
11月5日17:30から スーパーJチャンネルで当社の駆除現場の様子が放送されました!

ヌートリアを駆除するボウケンジャー!
防除研究所によるヌートリア対策。

南米原産の外来生物のヌートリア。
愛知の農家ではダイコン、カボチャ、キャベツを食べられてしまい1億円を越える被害が年間に起きています。
農家では柵を作り、ヌートリアが侵入しないように対策していますが、柵を乗り越えてしまい、被害を広げてしまいます。
夜行性だが、最近では、昼間にも出現するヌートリア。
草食動物だったのだが、近年では雑食になり、その被害を広めています。

ヌートリアは1組のつがいから15匹の子供を産むと言われており、繁殖を増しています。
また、日本にはヌートリアの天敵となる動物がいないということも、増加のペースを早める原因となっています。

岐阜県では年間に1000匹を越えるヌートリアの駆除をしています。

駆除現場の河川にはヌートリアの巣穴が大量発生していました!

今回の駆除方法は白い粉(蛍光剤)を河川にまき、ヌートリアの行動範囲を探ります。
そしてその行動範囲内に駆除装置、監視カメラ(撮影装置)を設置し、捕獲を行います。

見事、体調50センチ程のヌートリアを捕獲成功!

また、直接川に入り、別のヌートリアを捕獲します!
俊敏な動きで、川に逃走するヌートリア。
追いかけるボウケンジャー!側溝の中に巨大なヌートリアを発見!

新兵器タイタンの超音波で側溝からヌートリアを追い出しに成功!
恐るべし新兵器タイタン!

今回の撮影では5匹のヌートリアを捕獲に成功しました。

ところを変え、京都の鴨川にも淡水の二枚貝を食べるヌートリアの生息を確認。
外来生物法で、飼育、餌付けは禁止されていますが、
その可愛らしい外見から、鴨川で一向になくならないヌートリアへの餌付け。
しかし、ヌートリアが与える農家への影響は大きく、対策が必要です。

日本全国でヌートリアの対策が急がれます。

テレビ放送をご覧になった害虫、害獣被害にお困りの方
防除研究所  0120-094-781
までお気軽にご相談下さい!!

カテゴリー: 最新情報
テレビ出演情報
コウモリ駆除No.1とは 本当に怖いコウモリ被害 代表取締役社長 梅木 厚生
コウモリ駆除ナンバーワンは、株式会社 防除研究所(防研・ボウケン)が運営するコウモリを退治、撃退、駆除し、フン被害の対策などをする業者です。住宅の屋根裏、換気扇、軒下からコウモリを追い出し、再発防止(侵入対策)まで施工致します。工場、倉庫など法人、企業からのご依頼も承ります。
コウモリは糞尿による家への被害だけでなく、寄生するノミ、ダニ、菌、ウイルスによる人への健康被害(感染症など)をおよぼします。コウモリは鳥獣保護法対象なので自分で駆除しようとせず専門駆除業者へご依頼ください。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
コウモリ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み