大阪


大阪府内でコウモリの対策を行ってきました。

雨戸の戸袋にコウモリが住み着き、雨戸が出し入れできなくなっているようでした。最近コウモリが雨戸の戸袋やシャッターの収納の中の狭い隙間に住み着いてしまうケースが多くあり、豪雨が来たときに雨戸を閉めようと思ったらコウモリガいて閉じられないのでコウモリ退治、コウモリ追い払いをしてください!という緊急のコウモリ駆除依頼が入ることがあります。日本国内で一番みられるアブラコウモリは体調が5センチほどととても小さく、狭くて暗いところを好んで住み着きます。コウモリが住み着く一番多い場所は住宅の屋根裏ですが、雨戸の戸袋やエアコン室外機をつなぐ管の中など信じられない場所に住み着いているケースもあります。それもやはりコウモリが人間の暮らしに対応し始め、とても強い繁殖力で数をどんどん増やしていったからなのです。
koumoritobukuro
この日はコウモリの被害はそこまで大きくなく、雨戸の戸袋に住みつきはじめたばかりだったので、追い払いをしてコウモリが二度と戻ってこれなくするように殺菌消毒を行うという駆除方法で完了しました。このようにコウモリ被害に早めに気づければコウモリ駆除の規模も小さくて済みます、しかし天井裏やあまり使われていない場所にコウモリが住みつき、数をどんどん増やされてからのコウモリ駆除になると厄介です。あまり使われていない離れや倉庫でも普段から少し気にすることが、このような生き物が住み着いてしまう被害を少しでも減らすために大事なのです。


カテゴリー: コウモリ駆除事例, 最新情報

テレビ出演情報

コウモリ駆除ナンバーワンとは 本当に怖いコウモリ被害 代表取締役社長 梅木 厚生
コウモリ駆除NO.1は防除研究所が運営する害獣・害虫駆除サービスです、私たちは害獣・害獣駆除のナンバーワンを目指し、お客様の生活環境の安全・安心を構築することを最大の喜びとして日々邁進しております。コウモリ駆除NO.1運営会社 防除研究所 代表取締役 梅木 厚生
コウモリに対してアレルギー、糞の臭いが気になる。家から飛出るのが嫌な方。アブラコウモリの ほとんどが天井裏、壁、瓦の隙間などに生息しています。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
コウモリ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み