某所


最近のコウモリは新しい家でも関係なく侵入し、住み着いてしまいます。
コウモリは昼間は巣の中にこもっていて、暗くなるとエサを求め
巣の外から飛び立ちます。

コウモリの巣とはいっても人の住いの屋根裏なのですが、
この民家に住み着いたコウモリがとても厄介なのです。
一度に5匹以上も子供を産み、夏の間にかなり増えてしまいます。
放っておくとどんどん増えて30匹以上の所帯になるのも珍しくありません。

コウモリは細かい黒い粒上のフンをします。コウモリはかなり大量に糞を
するため、あっという間にコウモリの活動範囲内はコウモリの糞でいっぱい
になってしまいます。

コウモリを発見です。
koumori-hakken

 

 

 

 

 

柱の間にコウモリが見えますでしょうか?、屋根裏だけでなくこのような狭くて暗い所に住み着いてしまいます。
見ての通りコウモリ自身の身体の大きさよりもぜんぜん狭いところでも侵入できてしまうのです。

逃げ回るコウモリです。
koumorisonomono

 

 

 

 

 

 

コウモリ駆除と言っても殺してしまうことはまずありませんのでご安心を。
コウモリを追い出し、二度と戻ってこれない環境工事をするというのがコウモリ駆除です。

これが恐ろしいコウモリの糞です。
koumorifunshitsugaiki

 

 

 

 

 

 

コウモリ被害で一番やっかいのなのがこのコウモリの糞です。
コウモリは糞をかなり大量に落としますので、コウモリの行動範囲は
御覧のようにコウモリのふんだらけになってしまい、菌を繁殖させてとても危険です。

自宅近くで写真のようなコウモリの糞らしきものを見かけたら一度コウモリ駆除の専門家である
われわれコウモリ駆除ナンバーワンにご相談ください。まずは自分でできるコウモリ対策なども
お話しさせていただきます。

 

 


カテゴリー: コウモリ駆除事例, 最新情報

テレビ出演情報

コウモリ駆除ナンバーワンとは 本当に怖いコウモリ被害 代表取締役社長 梅木 厚生
コウモリ駆除NO.1は防除研究所が運営する害獣・害虫駆除サービスです、私たちは害獣・害獣駆除のナンバーワンを目指し、お客様の生活環境の安全・安心を構築することを最大の喜びとして日々邁進しております。コウモリ駆除NO.1運営会社 防除研究所 代表取締役 梅木 厚生
コウモリに対してアレルギー、糞の臭いが気になる。家から飛出るのが嫌な方。アブラコウモリの ほとんどが天井裏、壁、瓦の隙間などに生息しています。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
コウモリ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み